メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元村有希子の科学のトリセツ

/92 AIが人間を超える日 私が生きている間に?

元村有希子

 AI(人工知能)の進歩を論じる中で、避けて通れないキーワードに「シンギュラリティー」がある。

 日本語訳は「技術的特異点」。要するに「全人類の知恵をかき集めたとしてもAIにかなわない状態」のことだ。提唱者で未来学者のカーツワイル博士は、2045年にはシンギュラリティーが来ると予言した。

 シンギュラリティーが到来した世界……AIに支配され、開発した科学者ですらAIの暴走を止められず、人類が奴隷化するSF小説はよくあるが、そんな時代が本当に来るのか?

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文842文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです