メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁長官が地銀経営者に檄 改革に「郵便局と連携」念頭か

インタビューに答える金融庁の遠藤俊英長官=東京都千代田区で2018年9月6日、玉城達郎撮影

 金融庁の遠藤俊英長官は1月中旬に開催された地銀経営者との懇談会で、次のように檄(げき)を飛ばした。

「従来の考え方や枠組みにとらわれず、外部人材の活用も含めて、新たな発想・知見・異なる分野・組織の経験・リソースも活用して、検討を重ねていただきたい。多くの金融機関にとって、令和の実質初年度である本年を抜本的な経営改革に向けた決断と実行の一年にしていただきたい」

 この遠藤発言を受け、ある地銀トップは「遠藤長官の並々ならない地域金融機関に対する改革意欲を感じた。他業態を含めた再編を本気で考えなければならない時期に来ているということだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文737文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです