メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/66 年金受給の繰り上げ・繰り下げ 損・得はあるのか?

<プロがこっそり教える 読んでトクする社会保障>

年金

 老齢基礎年金・老齢厚生年金は原則として65歳から支給されますが、本人の希望により、受給の開始を60歳まで繰り上げたり、70歳まで繰り下げることもできます。そのため、「年金は早くもらった方が得なのか、遅くもらった方が得なのか」と聞かれることが多いのですが、そもそも公的年金に〝損得論〟はなじみません。

 まず、繰り上げ・繰り下げによって年金額がどれくらい増減するのかを見ておきましょう。65歳になる前に受給を開始する場合、1カ月繰り上げるごとに0・5%減額されます。66歳以後に受給を開始する場合は、1カ月繰り下げるごとに0・7%増額されます。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1247文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです