連載

2050年のメディア

文藝春秋で長くノンフィクションの編集者を務めた下山進氏が「2050年のメディア」を展望します。

連載一覧

2050年のメディア

第1回 ニューヨーク・タイムズ社員数激減の衝撃=下山進

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
下山進氏
下山進氏

 <Susumu Shimoyama “MEDIA IN 2050”>

 昨年十月末に出版した『2050年のメディア』という本で、一時は倒産しかかったニューヨーク・タイムズが、デジタル有料版に社の経営基盤を集中していくことで再生した、という話を書いた。そのこともあってか、日本の新聞社からの講演依頼が続いている。

 その中で、必ず、本に書いていなかったニューヨーク・タイムズ・カンパニーの従業員数の推移についての話をするようにしている。

この記事は有料記事です。

残り2045文字(全文2261文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る