連載

2050年のメディア

文藝春秋で長くノンフィクションの編集者を務めた下山進氏が「2050年のメディア」を展望します。

連載一覧

2050年のメディア

第2回 3・11の「それから」 地元紙報道部長はこだわり続けた=下山進

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年10月、地域住民を津波から救った仙台市・荒浜小学校の屋上で。中央左が武田真一さん、中央右が筆者。武田さんの「防災・教育室」の活動は2018年度の新聞協会賞を経営・業務部門で受賞している
2018年10月、地域住民を津波から救った仙台市・荒浜小学校の屋上で。中央左が武田真一さん、中央右が筆者。武田さんの「防災・教育室」の活動は2018年度の新聞協会賞を経営・業務部門で受賞している

 <Susumu Shimoyama “MEDIA IN 2050”>

 義理の父の家は仙台市太白区鹿野本町にあった。二〇一一年の東日本大震災後のゴールデンウイーク、東北新幹線が運転再開したこともあって、片づけを手伝いに行った。そこで、三月十二日の朝刊からの河北新報が、きれいにとってあるのをみつけた。

 三月十二日の朝刊があったことに驚いた。あの日仙台は、朝から雪が降っていた。電気もガスも水道もだめになっている。テレビも見ることができない。

「この朝刊届いたんですか?」そう聞くと、義父は、感に堪えないといった感じで「ああ、まっ暗な中、ゴトンって玄関のポストの音がして、新聞が入っていたんだ。嬉しかったねえ」。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2143文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る