メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/71 国民年金保険料はまとめて前払いすれば割り引きに

 <プロがこっそり教える 読んでトクする社会保障>

 ◆年金

 自営業者などの国民年金第1号被保険者は、会社員や公務員などの第2号被保険者や、その被扶養配偶者である第3号被保険者とは違い、国民年金保険料を自分で納付する必要があります。

 国民年金保険料の額は年齢や収入にかかわらず定額で、現金や口座振替などによって毎月納付することが基本ですが、まとめて前払いすると割引が適用される「前納割引制度」があります。前納できる期間は「6カ月」「1年」「2年」の3パターンです。

 本来の保険料は、2020年度は月額1万6540円、21年度は月額1万6610円です。この額を毎月納付した場合と、前納した場合で比較してみましょう。

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1273文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです