メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元村有希子の科学のトリセツ

/98 熱くなった頭を冷やすデータと論理的な解説

元村有希子

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)。まるで地球が巨大ブラックホールにのみ込まれかけているみたいだ。

 最新の情報が欲しくて外務省の海外安全ホームページをのぞいてみた。3月17日時点の累積感染者数は①中国②イタリア③イラン④スペイン、の順に多い。世界の感染者数の8割をこの4カ国が占める。一方、「人口1万人当たりの感染者数」に置き換えてみると、トップはアイスランドで5・33人、続いてイタリア4・64人、ノルウェー2・18人……と欧州がずらり。中国は0・58人、日本はわずか0・07人だ。

 切り口によって印象が変わるのは、統計のアヤとでも言おうか。日本の人口当たり感染者が少ないのは、検査数そのものの少なさにも原因がありそうだ。「希望者全員に受けさせるべきだ」という意見があるが、専門家は消極的だ。無症状の人が外来に押しかければ混乱するし、そこで無用な感染をしかねない。本当に治療が必要な重症者の受け入れにも支障が出るという。一理ある。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文874文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです