メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ離婚:実録!「コロナ離婚」 夫婦の糸が切れる時… 危険度チェックシート付き

 いつの世も〝有事〟にあぶり出されるのは人の本性。猛威を振るう新型コロナウイルスも夫婦の踏み絵となり、「コロナ離婚」なる新語も生まれている。実際、専門家のもとにはさまざまな相談が寄せられているのだ。人のフリ見てわがフリ直すか、それとも―。

 たとえば、外出自粛要請に伴う自宅勤務。たとえば、職場休業による収入減。たとえば、帰国者隔離で一家離散。たとえば、休校中の育児で職場復帰を断念――。

 新型コロナウイルスは早くも世界中に「新しい生活様式」を強いている。そこで自らの命あることや家族のありがたさに気付いた人はいい。だが、現実は逆の気付きを促す作用もある。 実際、離婚や不倫の解決を専門とする筆者のもとにも、2月以降、コロナショックを背景にした相談が舞い込むようになっている。脆(もろ)くも家庭が壊れてゆくさまを現場で目の当たりにしてきた。顕著なのが、医療従事者のいる家庭だ。

この記事は有料記事です。

残り4889文字(全文5276文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです