メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩切徹が斬る!:特別編 コロナ時代のネットドラマ採点簿

「濃厚接触」回避で、地上波が続々ドラマの撮影を延期する中、ネットドラマがにわかに存在感を高めている。コロナショックによる〝瞬間風速的〟支持と侮るなかれ。ドメスティックなテレビを何歩もリードし、視聴者の欲望を更新し続けている。

 コロナ禍でドラマの環境が一変した。

 撮影・製作ができなくなり、放送が遅れに遅れている地上波ドラマ。そのスキをつくように定額制の動画配信サービスのユーザーが急増している。理由はかんたん。面白いんだね。

 世界最大の動画配信サービス企業、ネットフリックスはすでに今年配信予定の作品をほぼ撮り終えているそうだから、これまでのオリジナル、ライセンスの充実に加え、今後のコンテンツ供給も安定している。

この記事は有料記事です。

残り5045文字(全文5352文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです