メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やっぱりUFOはいた! 米国防総省、衝撃映像公開

 米国防総省が公開した、海軍が撮影した「謎の空中現象」とされる映像の一こま(撮影日時不明)

 4月27日、コロナ禍にあえぐ地球に衝撃のニュースが駆け巡った。米国防総省が〝未確認飛行物体〟の映像3本を公開したのだ。日本でもニュース番組などで広く報じられ、「やはりUFOは実在するのか」と耳目を集めた。果たして、その正体は!?

 公開されたのは2004年と15年に、米海軍の航空機が赤外線カメラで撮影した映像だ。合計2分強で、うち1本は円盤状の物体が、雲の上を高速で飛んでいるような様子が確認できる。「回転しているぞ!」「なんてこった!」などと驚く、撮影した男性パイロットと思われる声も記録されている。

 これら映像は既に米紙『ニューヨーク・タイムズ』と、「TTSA」という未確認飛行物体(UFO)の調査研究などを行っている米国法人によって公開されていた。国防総省は機密に関わるものは映っておらず、「映像の真偽や『他にも何か映っているのでは』との推測を整理するため」として公開した。映像に記録された現象の「正体は分からないままだ」としている。

この記事は有料記事です。

残り2278文字(全文2699文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです