メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元村有希子の科学のトリセツ

/108 平和な日本に弱点あり コロナワクチン供給は

元村有希子

 各地から梅雨入りのニュース。気がつけば、1年でいちばん気持ちの良い5月を、新型コロナウイルスとの闘いに費やしてしまった。

 飲食店や映画館などの営業は徐々に解禁されているけれど、「人を見たらウイルスと思え」と刷り込まれた私たちの暮らしは、そう簡単に、いや多分、元通りにはならない。

 感染を防ぐワクチンがあればなあ……と思うがこれも一筋縄ではいかない、という話は前回書いた。ノーベル医学生理学賞の山中伸弥博士も本庶佑(ほんじょたすく)博士も「過度の期待は禁物」と言っている。当面は、このずる賢いウイルスとの共存を模索するほかないのだろう。

 ワクチンは、病原体の姿かたちを免疫システムに記憶させることで、「本物」の侵入に備える手法だ。個人レベルの防御になるだけでなく、多くの人が打てば「集団免疫」ができ、ウイルスに強い社会となる。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文876文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです