メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウェブ会議の正しいマナー 「それ、彼の?」はリモハラです

離れていてもZoomを使って会議ができる=東京都千代田区で2020年4月9日午後1時半、宮崎稔樹撮影

 コロナ禍のテレワーク拡大を受け、ビジネス界で急浸透した「ウェブ会議」は、対面の会議とは違うオンライン特有のマナーが定着し始めた。抑えておきたい気配りのポイントから行き過ぎの「謎マナー」、さらに台頭する「リモハラ」まで。ウェブ会議の今を探る。

 多くのビジネスマンが一度は経験したのではないだろうか。Zoom(ズーム)やWebex(ウェブエックス)に代表されるビデオ通話システムを活用してのウェブ会議だ。社内だけでなく、取引先との商談にも画面越しでのやりとりが増えてきた。ウェブ会議のスムーズな進行が「個人や会社の業績につながる」と言っても、大げさでない時代が到来しそうだ。

 では、ウェブ会議で気をつけるべきことは何なのか。ITジャーナリストの三上洋氏は、まず音響の重要性を指摘する。

この記事は有料記事です。

残り2342文字(全文2683文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 瀬戸康史さんと山本美月さん結婚発表 インスタで「お互いに大切な存在」

  5. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです