メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危ないオトナの感染症 コロナだけじゃない 予防注射の記憶が曖昧な中高年は要注意!

 新型コロナウイルスによって「感染症」の恐ろしさを実感した人も多いことだろう。大気中や水、動物、人体などに存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす疾患だ。無症状で終わる場合もあるが、大人になってかかると重症化するものも――。

 ある日突然、背中から脇腹にかけてピリリッとした痛みを感じ、数日後には水疱(すいほう)が出現して夜も眠れないような激痛に襲われる――。そんな典型的な症状を伴う「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」は、強いストレスや過労、病気などで免疫の働きが低下した時に発症しやすい。新型コロナ禍による自粛で生活が一変し、心身共に悪影響が及ぶと、発症リスクが高まるのだ。

 帯状疱疹の原因は、過去に感染した水ぼうそうのウイルスである。「なあ〜んだ、子どもがなりやすい病気か」と言う人もいるが、水ぼうそうを侮ってはいけない。水ぼうそうは、水疱の発疹が特徴的で発熱や頭痛などの症状も伴い、子どもに比べて大人は重症化しやすく、肺炎や脳炎などを合併して命に危険が及ぶこともあるのだ。

この記事は有料記事です。

残り1911文字(全文2359文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです