メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人間ドキュメント・季節の人たち

/70 “留学生”の「夫婦」襲撃事件の深層=森健

森健さん=手塚耕一郎撮影

 二〇〇二年一月、大分県山香町(現杵築(きつき)市)で建設会社社長の吉野諭(さとし)さん(73)とその妻(72)が五人の外国人に襲われた。妻は頭部をめった打ちにされた上、腹部を刺されて重傷、吉野さんは胸を一突きされて死亡していた。

 注目されたのは関係性だった。加害者は全員留学生で、被害者は彼らの身元引受人。いわば「恩を仇(あだ)で返す」犯行だった。なぜこんな事件が起きたのか、同年六月、現地に向かった。

 五人の住居は別府温泉の近く。みな別府大学の留学生だった。

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1341文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです