メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費減税で捨て身の「10月解散」 トランプ落選、東京五輪中止、悪材料が出る前のあがき

衆院予算委員会で国民民主党の玉木雄一郎代表の質問に答えるため挙手をする安倍晋三首相(手前右)=国会内で2020年6月10日午前9時13分、竹内幹撮影

 今国会は6月17日で閉幕する。失点続きの自民党に対する野党の追及の舞台は一段落となる。だが、自民党も支持率回復の糸口が見いだせていない。そこで〝仰天プラン〟が聞こえてきた。マイナス要因が重なる前に、勝負に出る可能性があるというのだ。

 安倍晋三内閣の支持率ダウンが止まらない。6月7日号で既報の通り、毎日新聞や朝日新聞の世論調査で、危険水域と言われる20%台にまで落ち込んだ。時事通信の5月の世論調査も明らかになり、内閣支持率は38・1%ながら、不支持率は何と61・3%に上った。

 ただ、マスコミ各社の調査には、まだ差異もある。支持率が2割台の社もあるが、共同通信や読売新聞は4割近くある。安倍首相を支える中堅議員は言う。

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2543文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです