メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーナス激減に備えよ!:「国有化」におびえるANA JALは半減、HISはゼロ?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で減便や運休が相次ぐなどして、閑散とした羽田空港の国際線出発ロビー=羽田空港第3ターミナルで2020年3月15日、小川昌宏撮影

 新型コロナウイルスが日本経済に与えたダメージはとてつもなく大きい。民間エコノミストが見通す成長率予測の平均値は、4~6月期に戦後最悪のマイナス21%(前期比、年率換算)。企業の業績も悪化し、今夏のボーナス支給減が相次ぐ。実態を探った。

 東京商工リサーチによると、業績を下方修正した上場企業839社のマイナス分は、売上高が6兆773億円、利益は3兆9503億円に及ぶ。さらに3月期決算を発表した2341社のうち、半数を超える1392社は2021年3月期の業績予想を「未定」とした(6月10日現在)。業績悪化は極めて深刻だ。

 最も大きな打撃を受けたのは航空会社だろう。全日空の幹部に事情を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4153文字(全文4450文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです