メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のニュース最前線

拉致問題 「安倍首相はいったい何をしてくれたのか!」

横田滋さんが死去したことについて、記者の質問に答える安倍首相=東京都渋谷区の私邸前で2020年6月5日午後8時6分(代表撮影)

 拉致被害を訴え続けた象徴的存在である横田滋氏が無念のうちに亡くなった。拉致問題によって巻き起こったナショナリズムを背景に登場した感もある安倍政権だが、その政策と不作為に重大な責任があるのではないか。真の解決策を求めて、蓮池透拉致被害者家族会元事務局長らが緊急直言!

 国会閉会とともに安倍晋三首相1強という虚像が音を立てて崩れ始めた。河井克行・案里夫妻逮捕、陸上イージス配備停止、検察庁法改正案廃案……。溜(た)まりに溜まった政権の膿(うみ)がどこまで出るのか。注目すべきは自民党本部から夫妻への1・5億円が誰の指示によって振り出されたかだ。特捜検察の解明次第では政権は第二の直撃を受けよう。

 この稿では拉致問題にこだわり、以下、二つの核心的疑問に答えたい。「言論拉致的状況は変わったか?」と、「この問題の真の解決策は何か? 安倍晋三政権にそれが可能か?」である。

この記事は有料記事です。

残り5581文字(全文5963文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです