メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲至極

/103 「鉄の暴風」を伝えるために

米軍嘉手納基地=沖縄県嘉手納町で2018年、本社ヘリから森園道子撮影

 どこまでも続く、あまりにも広い基地。米軍機があちこちに駐機している。展望台でそれを撮影する人たち。米軍嘉手納基地の前に建つ「道の駅かでな」。沖縄の現実を知りたくて訪れた時、米軍機に目を輝かせる人たちの中に交じるのは複雑な気持ちだった。

 以前、沖縄戦についての原稿を校閲していて「『鉄の暴風』といわれる激しい地上戦」という表現があった。鉄の暴風――。文字通り、鉄、つまり砲弾が吹き荒れたことを指すのだろうか。辞典の『大辞泉』には「鉄の暴風」の項目があり、「沖縄戦で、約3か月にわたって米軍の空襲や艦砲射撃を受けたこと」としていた。空襲や艦砲射撃なら、「鉄の暴風=地上戦」というのは変ではないのだろうか。

 沖縄を長く取材している毎日新聞西部本社のデスクに投げかけると、沖縄県平和祈念資料館が出している資料に、米軍は「海、空、陸から猛烈な砲爆撃を行った。『鉄の暴風』といわれるほど」激しかったとあり、「鉄の暴風」には陸の攻撃も含まれるのではないかとのこと。ただ地上戦に限るものではないため、表現を工夫する余地はあるかもしれない――とこちらの疑問にも理解を示してくれた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1144文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 大阪モデルを緩和 注意喚起の「黄信号」点灯しにくく 経済ダメージ最小限に

  4. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  5. ORICON NEWS 橋本環奈、ムロツヨシ演じる諸葛亮の妻「笑ってしまわないか心配」 山本美月は小喬役

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです