メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/84 休業による保険料算定はどうなる?

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除され、サラリーマン生活がもとに戻りつつあります。そして、「社会保険料」(以下、健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料などをいいます)の定時決定の時期「シゴロ」がやってきました。

 社会保険料は通常、4〜6月の報酬の平均額を基に計算するのですが、会社が休業したことにより給与が満額でなく、休業手当を受給した場合、社会保険料はどう計算されるのでしょうか。次の三つのケースで見ていきましょう。

 ①4月と5月は休業手当を受給し、6月は通常の給与になった場合は、休業手当を含まない6月のみで標準報酬月額を計算します。この2カ月分の減額分は社会保険料に反映されません。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1214文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです