メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧太郎の青い空白い雲

/773 誰が都知事になっても「電通のための東京五輪」は中止だ!

都心にある東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場=東京都新宿区で2020年1月5日午後2時14分、本社ヘリから

 7月5日投開票の都知事選。「東京五輪開催」が争点になっているが、当方〝新型コロナ騒動〟が起こる前から東京五輪に反対だった。カネ、カネ、カネ……の五輪商業主義が気に入らないからだ。

 1984年のロサンゼルス開催の頃から、五輪は「完全民営化」という謳(うた)い文句の下で「商業主義の奴隷」になってしまった。

 この大会、テレビ放映権料とスポンサー企業からの巨額な協賛金が大会総収入の55%(入場料収入はたった18%)。2億㌦を上回る黒字が出て、60%が米国オリンピック委員会に分配された。五輪は儲(もう)かる!

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1139文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです