メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のニュース最前線

崩壊・安倍政治 闘う「新聞記者」望月衣塑子が末期安倍政治と「官邸ジャーナリズム」を緊急告発

首相官邸=本社ヘリから

 安倍1強から安倍政治崩壊へ。コロナ第2波に襲われつつある危機的な状況下、安倍首相の指導力がまったく感じられない。だがメディアの追及も生ぬるい。官邸のメディア支配と闘ってきた望月衣塑子・東京新聞記者と南彰・新聞労連委員長が末期の現政権を総括、権力と対峙しうるジャーナリズムの再生を展望する。

 安倍政治が腐臭を放ちながら崩壊しつつある。

 まずは、コロナ対応の行き詰まりだ。感染症対策と経済対策の調整がうまくいっていない。互いに足を引っ張り合っている。本来は、金子勝、小林慶一郎氏らが提唱する徹底したPCR検査・医療提供体制増強を軸にした積極的な感染防止戦略に転換し、安心感を生むことで経済活動を活性化すべきなのに、どっちつかずの政策が混乱を生んでいる。

この記事は有料記事です。

残り5209文字(全文5534文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです