メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/89 納めた税金はどのように使われている?

 サラリーマンは、会社が代行して給料や賞与から支払うため、自分が納めた税金に対しての認識が希薄になりがちです。年収の何割を納税しているか把握していますか? 所得税の税率は収入に応じ5〜45%の7段階に区分され、住民税は一律10%です。

 税金の種類は約50あり、大きく分けて国(税務署)に納める国税と地方自治体(都道府県・市区町村役場)に納める地方税の二つがあります。

 税金は国の収入(一般会計)の約6割を占め、私たちの生活を支えるために使われています。最も使われている社会保障関係費は少子高齢化社会の影響で、失業対策や生活保護中心から、年金・医療費が大部分を占めるようになりました。高齢者を中心とした社会福祉制度や介護、子育て支援制度に重点が置かれるようにはなりましたが、まだ十分とは言えません。社会保障費は増加を続けていて、医療費の負担の割合や、年金の給付年齢の引…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1131文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです