メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のニュース最前線

崩壊・安倍政治 山崎拓、柳澤協二が安倍流「従米構造」の破綻を論じる

山崎拓・自民党元副総裁=東京都千代田区で2020年1月15日、小川昌宏撮影

 コロナ状況下、安倍政権の崩壊過程で、世界では軍事的な地殻変動が起こっている。米国の後退、中国の突出、そして米中一触即発の気配だ。安倍「従米」路線はもはや役に立たないが、ならば日本はいかなる道を模索すべきか。柳澤協二・元内閣官房副長官補と、山崎拓・元自民党副総裁が憂国の直言。

 先輩記者だった故岸井成格(しげただ)氏に「政治記者の仕事は、100㍍先の針の落ちる音に耳を澄ませることだ」と言われたことがある。

 眼前の事象を追いかけるのも大事だが、目に見えない歴史の底流部分で何が動いているか、その軋(きし)み音を拾い、大きなトレンドをいち早く探知することこそが政治記者の本懐というもの、との教えと受け止めた。

この記事は有料記事です。

残り5249文字(全文5552文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです