連載

2050年のメディア

文藝春秋で長くノンフィクションの編集者を務めた下山進氏が「2050年のメディア」を展望します。

連載一覧

2050年のメディア

第27回 映画「はりぼて」 敏腕キャスターはなぜ辞めたのか=下山進

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
五百旗頭幸男(左)と取材陣の一人でありもう一人の監督でもある砂沢智史。映画「はりぼて」は全国で公開中。ただし富山での公開は知事選挙の終わった10月31日になる。「チューリップテレビが現在この映画について触れない理由もそこにある」とプロデューサーの服部。
五百旗頭幸男(左)と取材陣の一人でありもう一人の監督でもある砂沢智史。映画「はりぼて」は全国で公開中。ただし富山での公開は知事選挙の終わった10月31日になる。「チューリップテレビが現在この映画について触れない理由もそこにある」とプロデューサーの服部。

 <Susumu Shimoyama “MEDIA IN 2050”>

 ドキュメンタリー映画「はりぼて」を見た。1990年に開局した富山県のJNN系列のローカル局チューリップテレビが、富山市議会の政務活動費の不正を、情報公開条例をつかって、どんどん明るみにだしていくその4年の軌跡をまとめたものだ。

 香川県選出の代議士小川淳也(おがわじゅんや)をおったドキュメンタリー「なぜ君は総理大臣になれないのか」が、その内容が見る前から予想ができたのに対して、こちらのほうはまったく予想できず。

 なんせ、議員報酬を月10万円あげる案を主導した(年収で1160万円を超える)市議会のボス(自民党)が、「議員報酬引き上げの必要性」をとうとうと説くインタビューをとっておいたあとに、そのボスの政務活動費を情報公開請求して、その不正取得を明らかにしてしまうのである。そうした不正をしている議員たちと一線を画していたかにみえた「良識派」の自民党市議が実は同じことをやっていたことがわかれば、それをカメラを…

この記事は有料記事です。

残り2048文字(全文2490文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る