メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幸せな老後への一歩

/684 総裁候補の3人に思わずツッコミ入れちゃいました=荻原博子

自民党総裁選立候補者討論会を前に記念撮影に応じる(左から)石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長=東京都千代田区の日本記者クラブで2020年9月12日午後0時57分、竹内紀臣撮影

 自民党総裁選に出馬した石破茂、菅義偉、岸田文雄の3氏が所見発表演説会と記者会見に臨みました。3人の話を聞いて思ったことがあります。あくまで独断と偏見ではありますが、石破氏は「原理原則型」、菅氏は「業績アピール型」、岸田氏は「総花的成長戦略型」。

 石破氏の物言いは、政治の王道の原理原則を踏まえており、「こういう考えで政治をやろうとしているのだな」と納得感がありました。それが手練手管の安倍晋三政権の間、石破氏が冷や飯を食わされ、辛酸を舐めさせられた原因かも。

 そのせいか、「総裁選の争点は自由闊達(かったつ)、謙虚な政府、公正であるべき」と遠回しに安倍政権を批判。「真実を語る勇気」を強調するので、「石破氏は内心、『今回はダメかもしれないが、次回につなげるぞ』と考えているのだね」と思わずツッコミ入れました。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1410文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです