メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅義偉 安倍継承は口だけ 本格政権狙う“釣り師” 目指すは第2の小泉=ノンフィクション作家・塩田潮

菅義偉首相による内閣が発足し、初閣議に臨む菅首相(中央)、麻生太郎副総理兼財務相(右)、茂木敏充外相=首相官邸で2020年9月16日午後9時44分、玉城達郎撮影

 無派閥、非世襲で首相の座に就いた菅義偉氏。「たたき上げ宰相」の政治家としての歩みと限界は、どこにあるのか。菅氏はもちろん、ゆかりの人々も取材してきたベテランのノンフィクション作家が、新首相の肉声や実績も踏まえ、今後の政権運営を展望する。

 9月16日発足の菅義偉内閣の閣僚のうち、田村憲久厚生労働相、平沢勝栄復興相、河野太郎行政改革相の3人は菅首相と同じ1996年衆院選初当選の同期組だ。6月21日、菅氏をインタビューしたとき、公職選挙法違反事件で逮捕された河井克行元法相とのつきあいについて尋ねたら、「同期初当選の仲間は皆、仲がいいんですよ」と答えた。

 自民党総裁選告示の9月8日、3候補による党本部での記者会見で、菅氏は首相となった後の閣僚人事について、「改革意欲のある人、専門的立場の人を」と述べたが、新政権の人事を見ると、党4役は総裁選の応援派閥に配慮した主流派均衡型、組閣は前職の留任や横滑りが目立った。

この記事は有料記事です。

残り4940文字(全文5347文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです