メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧太郎の青い空白い雲

/787 愛之助並みの〝股間男〟中曽根康弘に「国葬」なんていらない!

中曽根康弘元首相=長野県軽井沢町で2010年8月23日、手塚耕一郎撮影

 ドラマ「半沢直樹」の驚異の視聴率の秘密は歌舞伎役者の顔芸の数々。オネエ言葉が〝売り〟の片岡愛之助が演じる金融庁検査局・主任検査官の「黒崎駿一」は独特なキャラで世界的な存在になった。台湾では『黒崎皇后(娘娘)』と呼ばれ、大人気。得意技の「股間握り」は世界が注目する〝愛情の表現〟になってしまった。

 実は「股間握り」の被害者になったことがある。

 現役の政治記者だった昔。記者クラブの送別会で、送られる当方は上座に座ったのだが、隣が「中曽根康弘・行政管理庁長官」。宴もたけなわ。酔い歌い、中曽根さんも「赤城の山も今宵(こよい)かぎり、可愛い子分たちとも……」とセリフ入りでご機嫌だったが、席に戻った瞬間である。隣の当方の股間を力いっぱい、潰しにかかった。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1127文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです