メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幸せな老後への一歩

/687 「郵便局」は本当に再生できるのか!?=荻原博子

経済ジャーナリスト・荻原博子さん

 かんぽ生命保険の不正販売事件に揺れた日本郵政グループは10月5日、約1年3カ月ぶりに保険営業を再開しました。

 高齢者に投資信託の不正販売を繰り返したゆうちょ銀行も、投信の営業を再開しました。

 営業再開といっても、当面は積極的な勧誘はせず、顧客に窓口などで「おわび行脚」をし、「お客さまの満足と安心に最優先で取り組み、信頼していただける会社になることを約束します」などと記したチラシを配るのだそうです。本格的な販売再開は来年になる見通しです。

 これとは別に、ゆうちょ銀行の貯金が不正に引き出される被害が発覚しました。何者かがNTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」など七つのサービスを悪用する手口で、ゆうちょ銀行の顧客に210件、4940万円の被害がありました(同行10月5日発表)。

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1428文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです