メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集・教育クライシス

早稲田 悲願の医学部に前進か 付属校に医大推薦枠が新設 〝本命〟は東京女子医大?

早稲田大学=東京都新宿区で2019年3月、嶋野雅明撮影

 私学の両雄、慶應義塾大にあって早稲田大にないもの。それは医学部だ。故に「早大医学部」は何度となく取り沙汰されてきた。ゼロからの創設は多額の費用がかかる。現実的なのは単科医大との合併だ。となると、相手は? 有力視されてきた医大はあるのだが……。

「歴代総長はほぼ全員、医学部設置を検討しており、『早稲田の悲願』と言えます」

 2018年11月、第17代早大総長に就任した田中愛治氏は「医学部新設構想」を新たに掲げ、総長選を勝ち抜いた。生命医科学の研究・教育を抜本的に拡充するため、単科医科大学を合併、協働する方針を明確に打ち出した結果だった。そして、総長就任半年後の19年5月、医療従事者専用サイト・エムスリーのインタビューで田中氏は、ここまで語っていた。

この記事は有料記事です。

残り5039文字(全文5365文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです