メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁検査と日銀考査を統合? 自民党案に日銀が水面下で反発

日本銀行本店=本社ヘリから

「金融庁と日銀の縦割り打破」

 なにやら勇ましい響きがするタイトルが付いた報告書をまとめたのは、自民党の政務調査会財務金融部会と金融調査会だ。金融調査会長の山本幸三元地方創生担当相らは10月27日、河野太郎行革担当相を訪ね、手渡した。

 報告書は金融庁の検査と日銀の考査は〈重複している部分もあり、受け入れ側の金融機関の二重負担となっている〉と問題提起。両者を「一体的運用」すべきだとしている。具体的には、金融庁・日銀が〈直接金融機関のシステムから(必要なデータを)取得できる〉仕組みを新設すべきとする。

 あるメガバンク幹部は「金融庁・日銀の双方から似通った資料の提出を求められることが多く、負担が大きい」と語るなど、金融機関からは歓迎する声が聞こえる。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文768文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです