メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東アジア・クライシス:習近平が対バイデンで画策する鎖国政策の中身

米大統領選で勝利した民主党のジョー・バイデン前副大統領=AP

 アメリカ大統領選の混乱は、バイデン氏の勝利宣言で収束しつつある。国際的な関心は、新しい米国が世界と、とりわけ中国とどのように向き合うかに移った。新冷戦は続くのか。東アジア情勢を俯瞰してきたジャーナリストが読み解く中国・習近平国家主席の次の一手とは。

米中の反目で最も割を食うのは日本/中距離ミサイル配備なら日中関係崩壊/米軍が集結させた6機の戦略爆撃機

 バイデン勝利の速報が世界を駆けめぐった直後、アメリカが発した二つのメッセージに、中国は敏感に反応した。

 一つは11月8日、米空軍爆撃機B−1Bが2機で編隊を組み、フィリピンを取り囲むように南シナ海の上空を飛行したこと。そしてもう一つは翌9日、米財務省と国務省が香港国家安全維持法にからみ、香港政府の高官4人に対し新たな制裁を発動したことだ。

この記事は有料記事です。

残り4817文字(全文5164文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  4. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  5. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです