メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧太郎の青い空白い雲

/792 学術会議は赤い巨塔!と主張する「令和レッドパージ」の面々

国会内で開かれた日本学術会議の人事を巡る野党合同ヒアリングで発言する日本学術会議の大西隆元会長(左)と広渡清吾元会長(右)=東京都千代田区で2020年10月9日午前10時32分、竹内幹撮影

 トランプvs.バイデンのアメリカ大統領選では「民主主義の分断・崩壊」が指摘されたが、はっきり言えば「アメリカの自由と平等」はかなりいいかげんである。

 例えば終戦後、占領国・日本で強引に進められた「レッドパージ」である。

 アメリカのGHQ(連合国軍総司令部)は治安維持法や特別高等警察などを廃止して日本の民主化を推進。日本共産党も合法化された。ところが、労働運動が激しくなって、大掛かりのデモやストライキが起こり、同時に中国大陸の内戦で毛沢東が率いる中国共産党が勝つと、GHQは共産主義勢力を弾圧する方針に転じた。

 1950年5月3日、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーは日本共産党の非合法化を示唆。5月30日、皇居前広場で日本共産党に指導された人々と占領軍が衝突すると、日本共産党の幹部に対して団体等規正令違反容疑で逮捕状が出された。逮捕状が出た9人は〝地下〟に潜行。一部は中国に亡命した。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1171文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです