連載

読んでトクする社会保障

社会保障制度に精通するプロが、分かりにくい医療や年金、介護など各種制度を丁寧に解説します。

連載一覧

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/106 コロナ禍で深刻化 ひきこもり問題の解決策は

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

<プロがこっそり教える 読んでトクする社会保障>

制度

 コロナ禍で中高年のひきこもり問題が深刻化していると言われます。この問題はただでさえ、その実態が見えづらいのですが、コロナ禍によってひきこもりの人たちがよりいっそう外に出ることが難しくなったことから、家庭内で悩みを深くする人が多いことが推測されます。

 内閣府が昨年3月に発表した調査によれば、半年以上自宅に閉じこもっている中高年(40〜64歳)のひきこもりは全国で推計61万3000人。昨年5月には、無職の男性が起こした通り魔殺人事件、6月には、76歳(当時)の元農林水産事務次官が、都内の自宅で44歳(同)の無職の息子を殺害するという事件が衝撃を与えました。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1227文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい