連載

読んでトクする社会保障

社会保障制度に精通するプロが、分かりにくい医療や年金、介護など各種制度を丁寧に解説します。

連載一覧

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/107 公費で医療費を負担する仕組みとは?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

<プロがこっそり教える 読んでトクする社会保障>

 我が国の医療保険制度は国民皆保険となっており、原則的に誰もが何らかの公的医療保険に必ず加入しています。保険診療を受ける時は、かかった医療費の定率の一部負担金を支払いますが、所得などに応じた負担上限額が設けられており、月々の負担が一定額以上にならない仕組みとなっています。

 医療保険と並んで、国や地方自治体が費用を負担して実施するのが公費負担医療です。中国残留邦人や生活困窮者に対する「公的扶助」や、障害者・精神障害者などに対する「社会福祉」、長期に高額な医療費がかかる難病・先天性疾患などへの「疾病対策」、感染症などに対する「公衆衛生」などの意味合いから、法律などに基づいて行われます。公費負担医療には、「公費優先」と「保険優先」の二通りがあります。

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1191文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい