メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/110 ごみ屋敷とごみ部屋問題

<プロがこっそり教える 読んでトクする社会保障>

◆制度

 コロナ禍で外出の機会が減ったことをきっかけに、家の中の整理や断捨離をした人は多いと思いますが、社会問題にもなっているごみ屋敷、ごみ部屋はなくならないようです。行政の対応はどのようになっているのでしょうか?

 ごみ屋敷が原因のトラブルや火災などが問題となり、各自治体でもごみ屋敷に関する条例が制定されています。自治体によって定義付けは異なりますが、基本的にはごみ屋敷の住人が自主的に片付けることを目的としています。

 横浜市では2016年に条例が制定されており、たまりすぎたごみが原因で悪臭や害虫、害獣が発生しているごみ屋敷を、管理不全な状態と定義づけて、屋敷の敷地外にあるごみも片付けられるように、隣接する土地や道路なども対象としています。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1210文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです