東京・調布の道路陥没 住民激怒 東日本高速の“あまりにもな対応”

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
10月18日に道路の陥没が見つかった現場=東京都調布市東つつじケ丘2で2020年12月18日午後5時2分、青島顕撮影
10月18日に道路の陥没が見つかった現場=東京都調布市東つつじケ丘2で2020年12月18日午後5時2分、青島顕撮影

 いくら地下深くとはいえ、自分の家の下にトンネルを掘られ、近所の道路が陥没したというなら、誰でも不安を感じるだろう。そんなことが実際に東京・調布で起きた。だが、工事の事業者のNEXCO東日本(東日本高速道路)は、誠実とは言えないようだ。

 昨年10月18日。東京都調布市東つつじケ丘2丁目の住宅街の道路が陥没した。現場写真を改めて見直すと、住宅の何かの出入り口だろうか。シャッターの前の道路にぽっかりと「穴」があいている。穴の大きさは、事業者の一つのNEXCO東日本によると、地表部分で長さ5㍍、幅3㍍、深さ5㍍だった。

 現場のすぐ近くに住む菊地春代さんは、陥没の知らせに、驚くよりも「やはり起きたか」と思った。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2611文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい