メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のニュース最前線

菅政権 無策の果ての「緊急事態」 感染爆発の戦犯、尾身茂・分科会会長を退場させよ

「緊急事態宣言」の再発令決定後、記者会見する菅義偉首相(左)。右は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=首相官邸で2021年1月7日午後6時47分、竹内幹撮影

上昌広・医療ガバナンス研究所理事長が怒りの告発

▼感染研は変異株、遺伝子情報を公開せよ

▼PCR頻回検査と医療体制集約化へ

▼菅首相は製薬企業に、高齢者、アジア系の「ワクチン治験」データ要求を

 コロナの感染爆発が止まらない。政府の感染対策を担う尾身茂氏ら「感染症ムラ」による情報独占とPCR抑制策の重大な責任を追及してきた上昌広・医療ガバナンス研究所理事長が、改めて体制一新を緊急提言、医療崩壊と厚生労働省の責任、ワクチンの可能性と危険性、変異株の正体などを最新知見で明らかにする。

この記事は有料記事です。

残り5042文字(全文5280文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです