東京五輪

なぜ組織委は「森会長」にモノ言えなかったのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
辞任を表明した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の映像を流す街頭テレビ=東京都千代田区有楽町で2021年2月12日午後5時47分、西夏生撮影
辞任を表明した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の映像を流す街頭テレビ=東京都千代田区有楽町で2021年2月12日午後5時47分、西夏生撮影

張り巡らされた「人脈」と「権益」

後任・橋本聖子の課題は開催より「敗戦処理」

 後味の悪さばかりが残った。東京五輪の組織委員会トップ交代だ。後任会長には橋本聖子・参院議員が就任。だが、なぜ組織委は森喜朗氏に〝固執〟したのか。そこには、本来は平和とスポーツの祭典であるはずの東京五輪の〝生い立ち〟が見えてくる。

「会長の側近には上げ、後は待つだけ。すみません」

この記事は有料記事です。

残り2406文字(全文2582文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい