連載

倉重篤郎のニュース最前線

元毎日新聞政治部長のベテラン記者が、各界の論客らと共に、政局や政策などの最前線を徹底分析します。

連載一覧

倉重篤郎のニュース最前線

核心は菅氏の霞が関恐怖支配 総務省接待スキャンダルは菅政権の致命傷だ!

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相=西夏生撮影
菅義偉首相=西夏生撮影

立憲・後藤祐一、小西洋之、奥野総一郎、共産・田村智子が断罪

 総務省接待スキャンダルは泥沼のような広がりを見せ、菅政権の官僚支配の実態があぶり出されている。この疑惑の核心は何か? これをもっても自浄作用が働かない政権のありようとは? 霞が関事情に詳しく、問題追及の急先鋒に立つ野党議員のエース4人に訊く。

 久々に永田町を歩く。菅義偉首相の長男が関わる総務省接待疑惑の取材だ。

この記事は有料記事です。

残り5291文字(全文5477文字)

あわせて読みたい