メートル法導入100年 「長さ」の栄枯盛衰記

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

永六輔も怒った

「長さ」と言っても単位はさまざまだ。一方、今年は日本でメートル法を採用して100周年になる。大工さんたちに、なじみ深いのは寸や尺だろう。海外では単位を巡り、信じられないようなトラブルもあるという。「長さ」をめぐる単位の栄枯盛衰を追った。

 ▼NASAはヤードと間違え探査機が消失

 ▼木造伝統建築に今なお息づく寸と尺

 私たちは、身の回りにあるさまざまな〝モノサシ〟と共存している。

この記事は有料記事です。

残り4537文字(全文4732文字)

あわせて読みたい