連載

元村有希子の科学のトリセツ

我々の文明社会は科学技術の成果の上に築かれています。賢く楽しくつきあう知恵を文系出身の記者が案内します。

連載一覧

元村有希子の科学のトリセツ

/148 テロ防げぬ甘い核防護 東電の安全文化に啞然

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
元村有希子論説委員
元村有希子論説委員

 ついに、電気の契約先を変えた。

 東京で暮らし始めたのは1997年。当時は東京電力と契約するのが当たり前だった。

 2011年、福島第1原発事故が起きた。首都圏計画停電という異例の事態に陥って初めて、電気が福島から来ていたことを知った人も少なくないのではないか。

 私も、我が身を痛切に恥じた。自分たちは涼しい顔で電気をジャブジャブ使い、やれイルミネーションだ、やれオール電化だと都会暮らしを楽しんでいたのである。

 電力の小売りが全面自由化されたのは、事故の5年後だ。この時は忙しさにかまけて手をつけなかった。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文838文字)

あわせて読みたい