連載

幸せな老後への一歩

難しい経済と複雑なお金の仕組みを分かりやすく解説する経済ジャーナリストの荻原博子氏のコラムです。

連載一覧

幸せな老後への一歩

/709 オードリー・タンらが尽力した台湾の信頼できる政府=荻原博子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じる唐鳳(オードリー・タン)氏=台北市の行政院で2020年11月23日、福岡静哉撮影
インタビューに応じる唐鳳(オードリー・タン)氏=台北市の行政院で2020年11月23日、福岡静哉撮影

 台湾は新型コロナウイルスの感染を最小限に抑えました。その立役者として世界中から称賛されているのが、デジタル担当相の唐鳳(オードリー・タン)さんです。

 世界保健機関が「中国・武漢で肺炎が集団発生した」と公表した8日前の昨年1月1日、台湾政府は外国人の入国を禁じました。

 一方、日本の厚生労働省が都道府県などに「武漢市における非定型肺炎の集団発生に係る注意喚起」を発したのは同月6日でした。〈武漢市に滞在歴があり、呼吸器症状を発症して医療機関を受診した患者については、院内での感染対策が徹底されるよう改めて管内医療機関へ周知をお願いします〉という内容。

 国内1例目の患者が確認された同月14日には、〈持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません〉とし、〈咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です〉という「国民へのメッセージ」を出しています。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1417文字)

あわせて読みたい