連載

校閲至極

毎日新聞校閲センターの記者が、「校閲」の視点でさまざまな題材を面白く、あるいは深く鋭く解くコラムです。

連載一覧

校閲至極

/142 「初級」の入り方 数独でも慎重に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 実話に基づく映画『ある人質 生還までの398日』(2019年、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー合作)でこんな場面があった。息子を人質に取られ、過激派組織からの電話を母親がじれながら待つところに、誘拐の事実をまだ知らされていなかった娘が母と交わす会話である。

「クロスワード、やめたら?」

「これは数独よ」

 3×3のブロックに1から9までの数字のどれかが入り、そのブロックがまた3×3配列される形が基本形の数独。縦の列も横の列も同じ数字が入らない。なんとも簡明で美しい。数学は苦手な私も数独にはまっている一人である。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1092文字)

あわせて読みたい