連載

2050年のメディア

文藝春秋で長くノンフィクションの編集者を務めた下山進氏が「2050年のメディア」を展望します。

連載一覧

2050年のメディア

第62回 竹宮惠子と萩尾望都 二人の自伝を読む。 その後編=下山進

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『少年の名はジルベール』竹宮惠子著 小学館文庫
『少年の名はジルベール』竹宮惠子著 小学館文庫

 <Susumu Shimoyama “MEDIA IN 2050”>

 萩尾望都の『一度きりの大泉の話』は、読んでいると苦しくなってくる。時系列もいきつもどりつし、繰り返しもあり、読みにくい。思い出すのが辛く封印していた記憶、それを長年の友人が、インタビューして呼び起こすという形にし、録音を書き起こしたものに手をいれたと、後書きにはある。

 いっぽう2016年に出た竹宮惠子の自伝『少年の名はジルベール』は、作品としても完成されており、安心して読むことができる。萩尾が今回書いた、マンションに呼び出した時の話は書いていないが、竹宮が、萩尾の才能を恐れ追い詰められていったことはよくわかる。

この記事は有料記事です。

残り2082文字(全文2376文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る