連載

人間ドキュメント・季節の人たち

早稲田大在学中からライター活動を始めた気鋭のジャーナリストが出会った人たちのドキュメントです。

連載一覧

人間ドキュメント・季節の人たち

/126 「相澤英之」が語ったGHQとの折衝秘録=森健

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京・西麻布の雑居ビル。灰色の鉄のドアには昭和の空気が残っていた。二〇一七年七月、百歳に近い弁護士のもとを訪れていた。

 相澤英之氏。大蔵事務次官を経て衆議院議員を九期務め、経済企画庁長官や金融再生委員長など要職を歴任した人物だ。前妻なきあと、女優の司葉子氏と再婚したこともよく知られる。

 戦争を振り返る「八月報道」という意味合いもあったが、一世紀の人生経験も踏まえ、もっと広く構えて聞こうという趣旨だった。

「まぁ、すべて話そうとすると、長くなるけどね」

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1331文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る