「祭典」の正体を問う:近代五輪はその役割を終えた/上 オリンピックは帝国主義時代の競い合いだった 特別寄稿・保阪正康

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
保阪正康さん=2020年6月10日、鈴木英生撮影
保阪正康さん=2020年6月10日、鈴木英生撮影

現代史研究の第一人者、渾身の特別寄稿!

 五輪は近代の日本社会のなかでどのような役割を果たしてきたのか。政治を超えてスポーツ競技のもとで一体感と平等を実現できたのか、それとも国威発揚と国民統合の場でしかなかったのか? コロナ禍に強行され、類を見ない腐敗が続出する東京五輪を見据えつつ、現代史研究の第一人者が世界的祭典の日本における意味に迫る。

人々の五輪への熱は冷め、スポーツイベントの問い直しが始まる

 東京でオリンピックが開かれるのは、今回で3回目である。第1回は昭和15(1940)年に開催されることになっていたが、政治的な理由で開かれていない。具体的には日本の傀儡(かいらい)国家・満州国が参加することにアメリカなどが不満を漏らし、実際に選手や役員たちの派遣もないとすれば、開くことの意味がない、加えて日本国内では日中戦争に忙殺されている軍部が、オリンピックにかける予算があるならば、軍事に回せと圧力をかけた。

 正直な話、日本にオリンピックを開く資格も条件もなかったのである。辞退するのは当然というべきであった。この辞退の姿は、軍事主導国家にあってオリンピックの精神は納得され難いとの意味を示しているとも言えるように思う。

 東京オリンピックの2回目は、昭和39(1964)年10月であった。アジアで初めてのオリンピックであり、加えて太平洋戦争で徹底的に国土が破壊された日本が、高度成長の下、経済的に立ち直る姿を国際社会に披露するという思惑があった。私は大学を出て社会人になった時であり、しかも勤務先が東京・銀座の広告代理店で、このオリンピックの盛り上がりは直接肌で体験していた。私はいくつかの競技も入場券を手に入れて、見に行くこともできた。開会式や閉会式の盛り上がり、競技に熱中する観客、選手たち、そこにはスポーツに名を借りた金メダル第一主義の偽らざる姿があった。

 アメリカとソ連の金メダル獲得競争は、確かに冷戦構造の反映というべき姿だったのである。勝って雄叫(おたけ)びをあげ、負けて悔し涙を流す姿を見て、いくつかの国ではオリンピックそのものが国威発揚の重大な手段になっている姿を確かめることになった。オリンピックは政治を超えて存在するというのは全くの噓(うそ)で、政治や軍事の一環にオリンピックも組み込まれているということが、またよくわかったのであった。

 私は20代の半ばに差し掛かっていた時で、オリンピックは決して綺麗(きれい)事ではないというのはまさに実感だったのである。

 そして今回は3回目である。コロナ禍の下、開催が危ぶまれている時に菅内閣は異様な精神状態で、この大会を行おうとしていることが感じられる。記者会見などで、この首相は自らが高校生の時に、東京オリンピックがあり、テレビなどで接戦勝ちした女子バレー、完走した長距離選手に強い印象を持ったと正直に語っている。無論こういうシーンは、当時の国民ならば大体が記憶している光景でもあった。菅首相が個人的な思い出を語るのは自由であり、おかしくはない。しかし、である…

この記事は有料記事です。

残り3567文字(全文4830文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る