連載

元村有希子の科学のトリセツ

我々の文明社会は科学技術の成果の上に築かれています。賢く楽しくつきあう知恵を文系出身の記者が案内します。

連載一覧

元村有希子の科学のトリセツ

/169 コロナ明けたら何する? 前を見て明るい気持ちに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
元村有希子論説委員
元村有希子論説委員

 「ドルショックも石油ショックもリーマン・ショックも乗り切ってきたアタシだけど、今回ばかりはこたえたねえ」

 タクシーの運転手さんがため息交じりに言う。

 ドルショックといえば半世紀前の出来事。「その頃からタクシーに?」「そう、乗り始めて51年。コロナもアレだし75歳になったし、今年いっぱいで引退するよ」

「どんな不況も、困っている人がいる一方で儲(もう)かる人もいたの。ところがコロナは『外に出るな』でしょう。参ったね」とのボヤキがどことなく明るいのは、引退後の生活に夢を託しているせいだろう。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文839文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る