連載

元村有希子の科学のトリセツ

我々の文明社会は科学技術の成果の上に築かれています。賢く楽しくつきあう知恵を文系出身の記者が案内します。

連載一覧

元村有希子の科学のトリセツ

/170 最後まで迷走続けた菅さんのコロナ対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選不出馬について記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2021年9月3日、竹内幹撮影
自民党総裁選不出馬について記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2021年9月3日、竹内幹撮影

 前回、新型コロナ対策で後手に回る政府を「ポンコツ」と書いたが、トップの菅さんが首相を辞めることになって驚いた。

 自民党総裁選に出馬しない理由を「コロナ対策に専念したい」と答えたのにも、驚いてアゴが外れそうになった。総理の座を「イチ抜けた」と降りた人が、どうやってコロナ対策に専念するのか?

 任期中は頑張りますよという意思表明か、今度は行動制限の緩和にご執心である。緊急事態宣言の延長を決めた場で、「宣言下でも条件を満たせば旅行や酒の提供を認める」との方針を打ち出した。

 自動車なら、ブレーキとアクセルを一気に踏み込めば、スピンするばかりで進まない。そんな印象。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文831文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る