連載

牧太郎の青い空白い雲

元サンデー毎日編集長のベテラン記者がときにユーモアも交えて、政治や社会問題にモノ申す辛口コラムです。

連載一覧

牧太郎の青い空白い雲

/833 総裁選「後」を面白くするのは小難しい議論派?日本共産党

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 新聞、テレビは自民党総裁選の話ばかりで、野党のことはほとんど報道しない。不公平じゃないか!と知人に言われた。

 仕方ないじゃないか。総裁選はヤクザ映画の「仁義なき戦い」みたいで波瀾万丈(はらんばんじょう)。結構、面白い。それに引き換え、野党の面々は小難しい議論ばかりで、つまらない。

 でも、当方「日本共産党」に期待している。何から何まで正しい!というわけではないが、共産党はカネ、カネ、カネの自民党より「民主主義」を大事にしている。

 共産党だけが「政党助成金」を受け取らない。税金を「山分け」しようとする企てに反対している。立派だ。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る