連載

元村有希子の科学のトリセツ

我々の文明社会は科学技術の成果の上に築かれています。賢く楽しくつきあう知恵を文系出身の記者が案内します。

連載一覧

元村有希子の科学のトリセツ

/171 ワクチン陰謀論に出くわした秋の日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影

 ある秋晴れの休日、私はテレビ番組で紹介された「魚料理が自慢の居酒屋」で昼食をとっていた。

 刺し身盛り合わせと煮魚、小鉢、具沢山のみそ汁、白飯。「もうわし大満足やけんね」と椎名誠さん的に喜びつつ食べていたら、接客が一段落した若大将の声が聞こえてきた。

「おたくさ、コロナで死ぬよりワクチンで死ぬ方がいいわけ?」

 世間話で来週接種する、と口にした常連さんを真剣に説得している。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文823文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る